ウイルスバスター デジタルライフサポートのサポート範囲について

ウイルスバスターには、通常版のパッケージと、デジタルライフサポート付きのパッケージが有ります。

違いは、パソコンの操作全般の操作方法をきく事ができる窓口があるか、ないかの違いです。

パソコン操作全般といっても、一体どういったことがサポート範囲なのかをここでは紹介していきたいと思います。
http://safe.trendmicro.jp/products/vb/upgrade/supportrange.aspx

まず、OSはWindows Mac さらにiphone Androidもサポートしています。早い話が、なんでもきけるということです。

また、WordやExcelの使い方だけではなくて、インターネットに繋がらなくなってしまった、メールが送信できなくなった、Facebook Twitterの使い方を知りたいなど、各種トラブル、サービスに対応をしています。

なので、実感としては、とりあえずデジタルライフサポートに聞いてみるという使い方ができるのです。

自分で、いまどういうトラブルが起きていて、どこに聞けばいいか。それがわかればサポートなんていりませんよね。
そこの判断をしてくれるサポートが良いサポートだと思います。

反対に、サポート範囲外の例でいうと
フリーソフトのサポートなどはやってくれません。
有志が作ったものなので、責任がとれないということがあるんでしょうけれど、ここがより強くなると使いやすいなぁと思っています。
ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>